キャッシングの方法は、銀行や大手消費者金融、中小消費者金融そしてクレジットカード会社といった選択肢があります。しかし、銀行や大手消費者金融は審査が厳しく、中小消費者金融でも営業年数の長い会社ほど堅実な経営により生き抜いているため、審査は厳しくなります。

しかし、中小消費者金融の中には参入から間もない会社もあり、顧客獲得のため独自審査基準をアピールすることあります。ですが、貸金業登録を行い正規の貸金業者と安心するのには注意が必要です。営業許可の更新を行わず闇金化するケースだけでなく、法令違反や貸金営業を行う上で必要な純資産が5000万円ギリギリということもあります。

特に注意したいのは法人登記であり、法人登記情報を確認して怪しい点が無いか確認することがポイントです。会社名を変更しても法人登記番号は同じで、過去の違反歴が発覚するケースもあります。そのため、心配な場合は国税庁のホームページから法人登記情報を確認するのもおすすめです。