キャッシングはできる人というのはそれなりに収入があるということが大前提になります。消費者金融であれば総量規制というのが引っかかることになりますのでそれが間違いなく必要になってくるわけですが、一応は配偶者貸付という制度もあります。

するに配偶者の収入も含めて年収として判断していいというやり方なのですがやらなければならないというわけでもないのであまり採用しているキャッシング業者は多くないです。専業主婦などはキャッシングをすることができないようになってしまったのはこの総量規制というのがあるからです。

年収の1/3までしか貸すことができないとなっているのですが専業主婦の場合そもそも収入がないので貸すことができないとなったわけです。