銀行や消費者金融でキャシング契約、いわゆるカードローンやフリーローンを利用していると高額なローン審査では不利になってしまいます。これは、キャッシング自体が悪い評価となるのではなく、借入残高が高くなり、収入からの返済余力といったことが問題となります。

そして、過去に消費者金融でキャシングを利用していると、住宅ローンや自動車ローン、そして教育ローンに不利と考えることがあります。ですが、審査に不利になるのはあくまで利用中、そして契約中で利用可能な残高がある場合です。

つまり、解約していれば大きく審査に不利になるというものではありません。そして、過去の契約を実際には気にする必要がなく、解約から5年以上経過していれば、契約していた事実を調べることは出来ません。これは、個人信用情報の情報管理期間が影響するものであり、解約後5年が経過すれば、その情報自体が抹消されることになります。

結果として、若い頃にキャシングを利用しており、ローン審査が不安という方は影響が無いということを知っておくことをおすすめします。また、少額のキャシング契約であれば、取引に於ける信用を築くことが出来るため、むしろ審査では有利になることもあります。先ずは、不安に感じる方は個人信用情報の開示を行い、過去の契約および取引情報が残っていないか確認するのがポイントです。