銀行や消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードは使用頻度が少なければ、不必要と考え解約することもあります。この場合、個人信用情報には取引履歴と契約に関する解約の情報が残っています。

過去に解約をしていると新規にローン契約を申し込む場合、審査上では不利になるのではないかと考えてしまいます。しかし、基本的には強制解約や利用停止といった情報でなければ不利になるものではありません。また、過去に借り入れしていた消費者金融を再度申し込み出来ないと考えてしまいます。

確かに一定期間の申し込みが出来ないケースはあるものの、借り入れに頼らず生活をしているということになり、信用度が著しく低下するといったものではなく、むしろ、収支と支出のバランスが良いということになります。

そのため、不要になったローン契約は都度解約をするのがおすすめになります。契約状態にしている方が、新たに高額なローン契約をする際の障害となってしまいます。

ただし、注意するべき点はカードローンだけでなく、全てのクレジットカードを解約するのはおすすめ出来ません。解約から5年が経過すると契約情報から取引履歴まで全ての情報が無くなり、ローン審査が通り難くなります。少なからず、たった1つのカードローンやクレジットカードは残しておく必要があります。

例えば、結婚や子供が生まれた際、家計管理のため、旦那さんのクレジットカードを解約させてしまうというのは将来的なデメリットになります。