カードローンは、一度契約をすると継続的に利用できます。なぜなら通常は返済が、口座振替によって毎月自動的に行われるからです。そのため基本的には毎月返済した金額だけ、再度の借り入れが可能となるのです。
たとえば20万円が限度額となっている場合に、そのギリギリまで借り入れをしたとします。

当然その時には、それ以上は借り入れできなくなります。しかしその月に口座振替で2万円分の返済が行われると、2万円分の枠が空くことになります。つまり2万円までなら、もう一度借り入れできるということです。2ヶ月後に借り入れする場合は、2ヶ月分の返済が行われたということで、4万円の借り入れができます。

このようにカードローンでは、返済が進めば進むほど、借り入れできる機会が増えていくのです。しかしだからこそカードローンでは、審査の際に経済面での安定性が重視されます。返済を継続的に行うわけですから、毎月のコンスタントな収入がある人でなければ、返済が困難になる可能性があります。そのため審査では、会社員など固定給を受け取っている人が優遇されます。

また勤続年数が長い人も、審査に通りやすいと言えます。たとえ会社員でも、頻繁に転職しているような人の場合、そのたびに収入が途切れます。しかし勤続年数が長ければ、利用も返済も長く続ける優良な客として認められる可能性が高いのです。