貸金業において、総量規制というのが出来て、なかなか貸しにくいようになってきてしまったということがあります。そうはいっても総量規制とは要するに年収に対する貸付制限であり、その人の年収の3分の1を超えると駄目となったわけです。

これは自社のみならず、他社からも、ということになります。ですから、他所からいくら借りているのかということも調べられるようになっています。こうしたことが総量規制というのですがこの年収の3分1を超える金額というのを消費者金融などの貸金業でも貸してよいことがあります。

つまりは、総量規制外となる、というパターンがあります。それがまとめるときです。所謂、おまとめローンなどで複数の債務を一つにまとめるときに超えてしまうのは仕方ないということになっています。それまで許さないのは纏めることができないようになつてしまうからですし、そもそもこれは借り手にメリットが強くあることでもあるからです。

ですらか、この場合は消費者金融などであっても総量規制対象外となっています。まとめるメリットですが総計として金利が安くなるとか支払日が一つになるので返済スケジュール管理が楽になる、といったところがあるでしょう。