消費者金融のキャッシングに申し込むと、本人確認と在籍確認が行われます。本人確認は申込者が実在する人物かの確認、在籍確認は申告した職場で本当に働いているのかの確認です。

本人確認が最もスムーズに進むのは、運転免許証です。写真が付いているので信頼度が高くなります。その他、パスポートやマイナンバーカード、写真なしの保険証でもOKです。

本人確認と比べると、少し手間がかかるのが職場への在籍確認です。在籍確認は、キャッシングの審査の中でも最も重要なポイントです。そのため、通常は、消費者金融の担当者が職場に直接電話を架けて確かめることになっています。キャッシングに申し込んだということが周囲にバレないように配慮して、会社名は名乗らず、「○○ですけれど」という様に個人名で電話を架けてくれますが、日ごろあまり電話が架かってこない人の場合は、ハラハラすることと思います。

消費者金融の中には、会社から発行されている健康保険証や、直近の給与明細のコピーを提出することで、電話での在籍確認を免除してくれるところもあります。申し込み手続きがWEBで完了する場合は、原則電話なしで申し込みができます。職場への電話は絶対に困るという人は、WEB申し込みができる消費者金融に問い合わせてみてはどうでしょうか。