消費者にとっていざというときに役に立つサービスとして、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンがあります。このふたつのサービスはどちらも消費者に対して無担保で融資を行うという点で共通しています。

また、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは申し込みの手続きが比較的簡単で、審査を経て実際に融資が行われるまでのスピードがとても短いという点でも共通しています。しかし、このふたつのサービスには大きな違いもあります。それは消費者金融のキャッシングは総量規制の対象であるのに対して、銀行のカードローンは総量規制の対象とはなっていないという点です。

総量規制の対象となっている消費者金融のキャッシングでは限度額は年収の三分の一までと制限されてしまいますは、銀行のカードローンは総量規制の対象ではないので年収による借入金の制限を受けることはないのです。銀行のカードローンの方がより多くの金額を借りられる可能性があるのです。

そのため、自分の借りたい金額が年収の三分の一を超えるようなときには消費者金融のキャッシングではなく、年収による借入制限を受けることのない銀行のカードローンに申し込みをするようにしましょう。