キャッシング審査において重要視されるのは属性です。その中でも正社員なのかアルバイト勤務なのかというのは、審査において重要な項目の一つであり、必然的にアルバイトですと審査に通りやすいとは言えません。ですが、同じアルバイト勤務でもほんの少し有利な条件は作ることができます。

1つは勤続期間です。同じ職場に年単位で長く在籍していることで信用度はアップします。正社員で短い期間に転職を複数しているよりも良い印象を与えることができるでしょう。もう1つはキャッシング申込時の希望額です。希望を5万円や10万円とすることで、返済能力という点で高評価を受けられる可能性があります。もしも契約時に限度枠が10万円であっても、地道な返済実績を作ることで将来的な増枠も期待できますので申し込み時に欲張らないというのも1つの作戦です。

アルバイト勤務でもキャッシング審査に通る可能性は十分ありますので、決して悲観的になることはありません。